結婚前の相手の親御さんへの挨拶の手土産はどうしたらいい?

手土産

結婚が決まってからの、お互いの親御さんへの挨拶。

「手土産は何をもっていくべき?」と不安も多いでしょう。

そもそも、「手土産は必要なの?」かと考えていらっしゃるかもしれませんね。

そこでこちらでは、お互いの親御さんへの挨拶の際の手土産の相場や種類をチェックしていきましょう。

そもそも親御さんへの挨拶に手土産は必要なの?

長い付き合いのおふたりであれば、すでにお相手の親御さんとも顔見知りかもしれません。

「何度もお邪魔してるし、いまさら手土産は必要ないのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、挨拶としてお相手の自宅を訪問する際には、手土産を持っていくのがマナー。

結婚報告という大切なシーンであれば、なおさら手土産は必須です。

また、手土産は、場を和ませるための大切なアイテムでもあります。

お相手の実家を訪れる際は、しっかり手土産を持参しましょう。

手土産の相場はどのくらい?

手土産の相場は、人それぞれ。

ですが、平均的に一番多いのが、「3,000円」程度です。

あくまでも手土産ですから、それほど高価なものでなくて大丈夫。

逆に5,000円を超えるものだと、先方に気を遣わせてしまう可能性もあります。

ただし、1,000円程度のものでは、

  • 安っぽい
  • 真剣さが伝わらない
  • ……

などというデメリットがあります。

手土産を選ぶ際には、「2,000~3,000円」を一つの目安として考えましょう。

手土産の選び方のポイントって?

手土産といっても、種類はさまざま。

手土産を選ぶときは、下記のポイントを意識しましょう。

お相手の好みに合わせて選ぶ

先方の好みに合わせて選べば、きっと喜んでもらえます。

事前にリサーチして、「どこのなにが好きなのか」チェックしておくと良いですね。

調理が必要のないものを選ぶ

調理が必要なものは、もらっても困ってしまう可能性があります。

包装をとって簡単に食べられるものがベストです。

賞味期限が長いものを選ぶ

賞味期限が短いものは、必然的に早く食べなければなりません。

先方のペースで食べてもらうためにも、できるだけ賞味期限が長いものを選びましょう。

縁起がよくないものを避ける

「割れる」や「切る」などを連想させる食べ物は、あまり縁起が良くありません。

ホールケーキやおせんべいは避けましょう。

まとめ

以上のことを踏まえると、手土産は「洋菓子」や「和菓子」などが良いでしょう。

また、先方がお酒好きであれば、地酒やワインなども喜ばれます。

手土産選びでもっとも大切なのは、先方に喜んでもらえるかしっかりと考えること。

思いやりが感じられる手土産であれば、きっとお相手の親御さんも喜んでくれるはずですよ。