友人へ結婚報告をする際の注意点~いつ頃するのがいいのか?

報告

結婚が決まったあとは、友人へも報告しましょう。

特に仲の良い友達には、真っ先に報告したくなりますよね。

今回は、友人への結婚報告についてのポイントをチェックしていきます。

 

友人へ結婚報告はいつすべき?

友人への結婚報告はいつでも構いません。

結婚が決まったタイミングで、すぐにでも報告しましょう。

ただし、あまり関わりがない遠方の友人であれば、結婚式の予定が立ってからでも構いません。

 

友人へはどうやって結婚報告する?

かつては、結婚の報告は、手紙を書いたり直接話したりするのが一般的でした。

しかし現在では、友人であれば電話やメールで報告をしてもOK。

もちろん会うタイミングがある場合には、直接話をするのがベスト。

会うタイミングが取れない場合は、電話やメールで報告しましょう。

 

友人に結婚報告をするときに注意したいポイント

次は、友達に結婚報告をするときの注意点ついて、お話していきます。

 

「私は聞いてない!」とならないよう、全員に報告を

仲の良い友達には、できるだけ全員に結婚報告をしてください。

報告漏れがあると、「○○さんには結婚の報告をしたのに、なんで私にはしてくれないの?」と友情にヒビが入ってしまうかもしれません。

報告漏れがないよう、あらかじめ報告する人をピックアップしておきましょう。

仲良しグループがある場合は、そのグループの全員に報告をしてくださいね。

 

結婚を勧めるようなことをしない

結婚が決まると、とてもワクワク気持ちも高まります。

仲の良い友人に、

  • 「結婚はいいよ~!」
  • 「○○ちゃんも早く結婚しなよ~!」

なんて言いたくなってしまうかもしれませんね。

しかし、人に無理に結婚を勧めるのはNG。

場合によっては、自慢と捉えられてしまうこともあります。

仲の良い友人であっても、結婚報告の伝え方には十分注意してくださいね。

 

場合によっては報告に時間をおいて

身内に不幸があった友人や破局して間もない友人には、結婚報告をすべきタイミングを気をつけなければなりません。

友人の状況を見て、「そろそろ落ち着いたかな?」と感じられるタイミングで結婚報告をしましょう。

ある程度時間が経ってから報告することも、検討したほうがいいですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

友人への報告はとくに難しいものではありませんが、うっかり失礼をしてしまうケースも少なくありません。

特に、未婚の友人に対しては配慮が必要です。

結婚報告が自慢と捉えられないよう、十分気をつけてくださいね。

相手に配慮をしながら報告をすれば、きっとあなたの結婚を喜んでくれるに違いありませんよ。