職場への結婚報告のポイント~順番などはどうしたらいい?

上司

お互いの両親に結婚を認めてもらったあとは、職場へ結婚報告をします。

では、どのように結婚を伝えればよいのでしょうか。

ポイントを確認していきましょう。

 

結婚報告をする順番

職場の人へ結婚を報告する場合には、順序を守ることが大切。

一般的には、以下の順番で結婚報告をすることが多いです。

 

1.直属の上司に報告

一番最初に結婚報告をすべきなのは、直属の上司。

いつもお世話になっている目上の相手から順に報告をします。

[挨拶例]

私事なのですが、この度結婚をすることになりました。

 

2.さらに上の上司に報告

次に、さらに上の上司に報告します。

直属の上司から、上長に報告するケースも多いです。

ただし、普段から関わりがありお世話になっているようであれば、直接報告をするのがベストです。

 

3.職場の皆さんに報告する

上司に報告をしたあとは、職場の皆さんに先輩から順番に報告をしていきます。

朝会などで話すタイミングがあれば、その際に報告をしてもよいでしょう。

 

4.同期などに報告する

最後に、普段仕事であまり関わらない同期などに報告をします。

わざわざ機会を設ける必要はありませんが、顔を合わせたときに報告しておくとよいでしょう。

 

職場結婚の場合の結婚報告はどうすればいい?

なかには、職場の人と結婚する方もいらっしゃるでしょう。

そんなときは、どのように報告すればよいのでしょうか。

 

社内の人と結婚する場合

男女同じタイミングで、それぞれ直属の上司に報告してください。

もし同じ部署内であれば、ふたりで報告をしても構いません。

 

派遣社員や外注社員と結婚する場合

この場合は、同じ職場内であっても属している会社が異なります。

派遣社員として勤めている場合は、まず派遣先ではなく自分の会社に報告をしましょう。

その後、職場の上司に報告をしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

職場へ結婚報告をするときは、目上の人から順に報告をすることが基本。

とくに難しいことはありませんが、失礼にならないよう丁寧な報告を心がけましょう。

 

なお、職場の人を結婚式に招待する場合は、結婚式の予定の3カ月前には報告しておくのがマナー。

急すぎると、相手も余裕を持って予定を立てられません。

結婚式が決まったのであれば、できるだけ早めに報告を行ってくださいね。

 

加えて、結婚式後にハネムーンなどを予定している場合もあるでしょう。

そのケースでは、長期休暇をとれるかどうかも確認しておくことをおすすめします。

 

礼儀とマナーを守り、滞りなく職場へ結婚報告をしましょう。