結婚の挨拶の際の身だしなみや服装~女性応用編(コーディネート)~

身だしなみ

女性が結婚挨拶に着ていくべき服装は、こちらの記事でも既にお話しました。

[参考記事] 結婚の挨拶の身だしなみや服装~女性の基本編~

では、実際に挨拶をする際には、どんなコーディネートが考えられるのでしょうか?

春夏秋冬別のおすすめコーディネートをご紹介していきましょう。

 

春はパステルカラーでコーディネート

春はコーディネートがしやすい季節。

パステルカラーのスーツやワンピースがおすすめです。

淡いピンクやベージュなどは、女性らしい印象に。

彼の両親にもよい印象を与えられますよ。

春に注意すべきなのは、「暗くなりすぎない」こと。

黒などの暗い色は避けて、明るめの服装を心がけましょう。

 

夏は露出に気をつけてコーディネート

夏はとても暑く、どうしても露出が多くなってしまいます。

しかし、露出の多い服装はNG。

ノースリーブのワンピースを着る場合には、必ずカーディガンを羽織るようにしましょう。

また、暑いからといって、素足でお邪魔するのもNG。

きちんとストッキングをはいてくださいね。

 

秋は暖色系カラーでコーディネート

少し肌寒い秋は、コーディネートのバリエーションがたくさん。

暖色系カラーをチョイスすれば、秋らしい季節感のある服装となります。

また、秋は過ごしやすいのでスーツもおすすめ。

しっかりめのジャケットを羽織っても、暑苦しくありません。

ワンピースやスーツで、自分らしいコーディネートをなさってください。

 

冬は防寒しながらコーディネート

寒さが厳しい冬は、セーターなどを着たくなるもの。

しかし、結婚挨拶にセーターはNG。

カジュアルすぎる印象になってしまいます。

冬の場合も、基本はワンピースかスーツ。

防寒対策は、インナーを重ね着するなどして調整してください。

また、寒いからといってタイツを履くのもよくありません。

脚の寒さが気になる場合は、厚手のストッキングを着用しましょう。

冬は暗い色が多くなりがちなので、どこかにさし色を入れることで明るい印象になりますよ。

 

【番外】どの季節でも靴はパンプスで!

雪国などは難しいかもしれませんが、靴は基本的にはどの季節でもパンプスがベスト。

ブーツやサンダルなどは、カジュアルな印象を与えてしまいます。

ヒールの高さがほどよい、上品なパンプスを選びましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

春夏秋冬、どの季節であってもワンピースかスーツが基本。

ですが、色や全体の雰囲気を考えることで、季節感のあるコーディネートに仕上げることが可能です。

お手持ちのアイテムをコーディネートして、季節感のあるさわやかな服装を目指しましょう。

きっと彼の両親にも、良い印象を与えることができますよ。