結婚の挨拶の際の身だしなみや服装~男性の基本編~

スーツ

女性の実家にお邪魔するのは、とても緊張するもの。

「失礼がないように、しっかり身だしなみに気を配りたい」と考えている方も多いでしょう。

今回は、結婚の挨拶の際にふさわしい男性の身だしなみや服装について、チェックしていきます。

 

結婚の挨拶の際の男性の基本的な身だしなみや服装

改まった場である結婚挨拶の服装は、ピシッとしたスタイルがベスト。

TPOに応じた身だしなみを心がけましょう。

 

髪型

髪型は、清潔感が重要。

長髪や明るい髪色は、品のない印象を与えてしまいます。

また、ボサボサ頭もNG。

ワックスや整髪料で髪を整えましょう。

 

ヒゲ

ファッションの一つであるヒゲですが、清潔感があるとはいえません。

いつもヒゲを伸ばしている方も、結婚の挨拶の際にはきれいに剃っておきましょう。

 

服装

基本は「フォーマル」なので、スーツやジャケットを選ぶのがベスト。

ビジネススーツを着れば、問題ありません。

少しカジュアルな印象にしたい場合は、「ジャケット+スラックス」がよいでしょう。

襟つきのピシっとしたスタイルが基本となります。

 

小物

普段アクセサリーをつける方も、結婚式の挨拶の際にはつけないのがベスト。

男性のアクセサリーは、「チャラチャラしている」という印象を与えてしまいます。

もちろんネクタイピンなどは構いませんが、ネックレスやブレスレットはつけないようにしましょう。

 

結婚の挨拶の際の服装や小物で注意したいポイント

次に、服装・小物選びの際に、注意すべきポイントをチェックしていきます。

 

香水はNG

香水を好んでつける男性の方も多いですよね。

しかし、香水は好き嫌いが分かれます。

挨拶の際には、つけないようにしましょう。

 

整髪料やワックスの香りに気をつける

男性の髪を整えるために必須の整髪料。

ものによっては、強い香りがするアイテムもあります。

香りは好き嫌いが分かれるので、できるだけ香りの少ないものを使用しましょう。

 

靴下に穴があいていないかチェック

意外と盲点なのが靴下。

「穴があいていた…」なんてことのないよう、事前にしっかり確認してくださいね。

 

靴をきれいに磨いておく

靴は、目につきやすいアイテム。

玄関に置くことになるので、自然と目に入ります。

不潔な印象を与えないためにも、事前に靴を磨いておきましょう。

 

スーツやシャツにヨレやシワがないかチェック

スーツやシャツにシワがあると、清潔な印象が損なわれてしまいます。

出かける前に服装全体をチェックし、ヨレやシワがないか確認しましょう。

クリーニングに出したり、アイロンをかけておけば安心です。

 

まとめ

いかがでしたか?

以上が、結婚の挨拶の際の男性の基本的な身だしなみや服装。

男性の場合、ビジネススーツを着ていけば問題ありません。

清潔感を重視し、さわやかな服装を心がけてくださいね。